本文へ移動

スタッフインタビュー

私たちはご利用者様はもちろん、当施設とご家族様のみなさまとの心と心のつながりも大切と考えています。同時にスタッフ一人ひとりの個性を大切に、スタッフ一同、常にいたわりの精神と業務への向上心を育み、日々業務にあたっています。

スタッフの声 介護リーダー 深沢 はるか

『もっとこうしてみよう』高め合える環境が好き
「いい介護は良好なコミュニケーションから。言い方ひとつで伝わり方が違うので、言葉づかいはとても大切にしています。
 
介護リーダー 深沢はるか
<入社:2009年4月/勤続年数9年/介護福祉士/特別養護老人ホーム明山荘勤務>
 
私の働いている明山荘では、フロアごとに12~13人のチームにわかれて、ご利用者様の日常生活の介助等を行っています。スタッフがそれぞれ担当をもちながらもチームで協力して働くので、情報共有や意見を言いやすい雰囲気はとても大切です。介護リーダーとして先輩・後輩に関係なく話ができる環境づくりを心がけています。
 
ご利用者様との交流の中では、毎日新しい発見があり、一人ひとりにあわせた介護をみんなで調整・工夫しています。スタッフ同士の中がいいことはもちろん、「もっといい介護を」というチャレンジ精神を持ったスタッフが多いところも、当施設の自慢です。介護計画を実践して振り返り、見直しながら、その方にとっての目標実現への過程をチームでまとめ、県や全国の研究会議で発表も行います。その他きめ細かな研修等、成長できる環境の整った当施設でさらにステップアップしていきたいと思っています。
 
当施設は意欲をもって学ぶ姿勢があれば認めてもらえる職場です。ぜひ一緒にがんばりませんか?

スタッフの声 相談支援専門員 小林 裕幸

~夢を実現させるお手伝い~
いかにその方の希望を実現させるか。頭をフル稼働させ、法人内はもちろん地域のネットワークも活用しながら情報収集をします。
 
相談支援専門員 小林 裕幸
<入社:2007年4月/勤続年数:11年/介護福祉士・相談支援専門員/障がい者支援施設グリーンヒルホーム勤務>
 
さまざまな障がいを持つ方が入居するグリーンヒルホームで、主にご利用者さまの日中活動の支援をしてきました。数年が経ち、さらに幅広い支援を提供したいと思い、相談支援専門員の資格を取得。2年前から相談支援の仕事もしています。社会資源や制度のことなど、つねに最新の知識を身につけておく大変さはありますが、その人の人生設計により深くかかわれることにやりがいを感じています。例えば、社会に出たい方には就労を視野にいれて最適なサービスの情報を集めて提供し、現場のスタッフとも連携して支援を組み立てていきます。
 
関わらせていただいたご利用者様が、夢を実現させてがんばっている姿を見るのが何よりの楽しみですね。近年は障害があっても地域で暮らすことが当たり前になってきました。希望する人がその夢をかなえられる地域になるよう、今後も勉強を重ねていきたいです。
 
先輩方の指導も時には厳しく時には優しく、そして的確なアドバイスをいただけます。良き先輩方に出会えたことは私にとって一番の財産です。
TOPへ戻る