本文へ移動

ブログ「明山荘(特養・ショートステイ)」

ブログ「明山荘(特養・ショートステイ)」

RSS(別ウィンドウで開きます) 

令和2年度 緑樹会辞令交付式(明山荘:特養)

2020-04-02
注目NEW

こんにちは、明山荘の特養です。

 

令和2年4月1日(水)、例年より規模を縮小し、時間を短縮した形で、緑樹会辞令交付式を行いました。

 

今年度は、ほくと診療所に念願の常勤医師1名、ひまわり保育園に保育スタッフ1名、明山荘にケアスタッフ2名、きよさとの家にケアスタッフ1名、グリーンヒルホームに生活介護支援スタッフ1名の6名が新たに緑樹会職員の一員に加わりました。

 

参加者は、新規採用者と緑樹会各事業所の管理職のみの少人数でしたが、新規採用者の社会人となる緊張と不安、それ以上の意欲と熱意を感じることができる時間となりました。

 

頼もしい新規採用者とともに人事発令で新たに役職に就任した職員、肩の荷が下りた職員、現状緑樹会の各事業所で利用者や患者を支えてくれている全職員一丸となって、新たな年度をスタートしました。今年度も緑樹会を利用してくれる皆様が、安心と喜びを感じてもらえるように努力をしていきますので、皆様どうぞよろしくお願い致します。

 

帝京第三高等学校 2年生 職場見学(明山荘:特養)

2020-02-12
注目NEW

こんにちは、明山荘の特養です。

 

本日は、帝京第三高等学校2年生の中で、就職を考えている生徒9名・担当教員2名が明山荘に足を運んでくれました。

 

予定時間は1時間でしたが、10分ほど延長してもらい、前半は石井荘長が介護業界の将来性、介護職のメリット・デメリット(改善策)、社会人になるための心構え、明山荘の取り組みをオリエンテーション。後半は飯野副施設長がユニット型特養(新館2階)、従来型特養(東館)、デイサービスセンター・小規模多機能(本館)を見学し、建物ごとに部屋の違い・雰囲気の違い・サービスの提供内容の違いなどを紹介しました。

 

最後に代表生徒から、「人と関わる仕事の大切さを学ぶことができました。これからも体に気をつけて、仕事に頑張ってください。」と感想・激励をいただきました。

 

昨年7月に明山荘でインターンシップを行った生徒がおり、久しぶりの再会も果たせましたし、明山荘に就職とつながってくれると嬉しいです。

どんど焼き(明山荘:特養)

2020-01-15
注目NEW

こんにちは、明山荘の特養です。

 

本日は、微風はありましたが、日差しの暖かさを感じながら、どんど焼きを行いました。

 

彩りきれいな繭玉団子、お正月飾りをお焚き上げし、緑樹会に関係のあるみなさんの無病息災・ご多幸をお祈りしました。

参加してくれた利用者様からは、「火は暖かいね。」「昔はよくやったよ。昔を思い出すね。」「今までしたことがなかったから、初めてやったよ。」「よく燃えて、いいじゃん。」風下になってしまった利用者様からは、「煙いじゃん。」など感想が聞かれました。

 

みなさまが、健康で、ご活躍の一年となりますように。

 

(今回は写真が用意できず申し訳ありません。)

明山荘 新年をお祝いしました。(明山荘:特養)

2020-01-01
注目

こんにちは、明山荘の特養です。
令和2年新年あけましておめでとうございます。

 

明山荘の新館玄関ホールでは、利用者様が創作教室で作製した令和2年の干支「ねずみ」をテーマにした飾り(写真参照)がお出迎えをしております。創作教室とは、毎月1回1時間、5つのフロアから利用者様3名ずつ・最大で18名の参加で、介護職員・介護支援専門員・機能訓練指導員・看護職員・生活相談員・管理栄養士など多職種が協力して行っています。

12月のテーマは「新年」で、紙粘土でねずみの置物、スクラッチ技法で干支を表す「子」の色紙を作製しました。

面会者も足を止め、鑑賞してくれています。

 

元旦の恒例行事、1月1日の10:00~、事務所で日勤職員が集まり拝賀式を行い、石井理事長・中嶋名誉理事長から新年のあいさつをいただき、入戸野副施設長の「あけましておめでとうございます」の発声で乾杯しました。

そのあと、理事長・名誉理事長・本部長・副施設長が各フロアを回り、利用者様にお屠蘇を振舞いました。

明山荘 餅つき(明山荘:特養)

2019-12-04
注目

こんにちは、明山荘の特養です。
12/4(水)9:30~11:00、明山荘の冬の風物詩、餅つき(白い餅と豆餅)を新館、東館で行いました。時間差で本館も行い、小規模多機能の職員が中心に行ってくれました。

利用者様の「よいしょーっ!よいしょーっ!」の掛け声と見守りの中、新館は石井荘長、東館は入戸野副施設長が勢いよく杵を振り下ろしました。建物内では行ったので、つき手は汗をかきながら、手返しは餅の熱さに負けそうになり「熱い!熱い!」と言いながら、息の合ったコンビネーションであっという間につきあげてしまいました。利用者様の中からは、「私が手返しをしましょうか?!」と声をかけてくれる方もおりました。

出来たての餅は、その場で一口大の【あんこ餅】【きなこ餅】【大根おろし餅】にして、見学してくれた利用者様にふるまいました。「おいしいね、おいしいね。」と喉に詰まらせることなく食べてもらいました。

以前は、鏡餅も作っていましたが、今は食べるようについています。出来上がった餅は、見学に来られなかった利用者様にも安全に食べてもらえるように配慮し、おやつに提供してもらいます。

緑樹会はこちら
TOPへ戻る