本文へ移動

ブログ「わが家の日々」

スタッフブログ

北杜高校生対象:認知症サポーター養成講座

2019-03-11
講座を受講する北杜高校生の方々

こんにちは、明山荘小規模多機能『明野のわが家』です。

去る3月11日、北杜高校総合学科(福祉科)の生徒24名を対象に、出張・認知症サポーター養成講座をさせて頂きました!

 

明野のわが家には、講座の講師役となる『キャラバンメイト』が3名おり、3名でこれまで計5回講座を開催し、合計54名の認知症サポーターを輩出させて頂きました。

今回は、「北杜市の未来」「北杜市の高齢化」を支える大事な存在である高校生に、「胸に残る、質の高い講座を受けて頂きたい!」「認知症を理解して頂きたい!」「認知症の方と一緒に、安心して楽しく暮らす地域を目指したい!」「介護は楽しく素晴らしい!」という思いを伝えたく、現役で認知症介護に携わる、小規模多機能(夢ポケットさん、同法人きよさとの家)に所属する職員(キャラバンメイト資格あり。)4名にも声をかけ、計7名のキャラバンメイトの仲間で養成講座を行いました。

 

グループワークでは、6つのグループに分かれ、それぞれのグループにキャラバンメイトを配置しました。若さと優しさ溢れる高校生のフレッシュな意見、斬新な意見に、メイトの私達も驚かされ、共感し、勉強させて頂く機会を頂きました。高校生からは、机上の講義だけでなく、グループワークで学びを深められてよかった、現場の意見をたくさん聴いて、貴重な機会だった、と嬉しい感想をたくさん頂きました♪

 

今年度、私達が企画・運営した認知症サポーター養成講座は計6回、合計78名の北杜市民の方々に受講して頂きました。またこの企画に、北杜市のキャラバンメイト11名にもお手伝い頂きました。地元のつながりを大事にし、地域共生を目指して、来年度も明野のわが家は、認知症サポーター養成講座を行っていきます。認知症サポーター養成講座を開催したい地域・団体がありましたら、お気軽にご連絡ください。いつでもどこでも何名でも、無料で開催致します。

緑樹会はこちら
TOPへ戻る